初心者におすすめ!物撮りセット5点

ハンドメイド起業コンサルタントの山口実加です。

はじめて、物撮りをしてみる生徒様からいただく質問なんですが、
「はじめてなんですが、家で物撮りをしてみたいです。
何を買ったら良いですか?」

そうですよね。何を買ったら良いかわからないですよね。

今回は、初めてでも大丈夫!物撮りをするためのセットをご紹介します!



用意する道具
わたしが実際に使っている、
自然光撮影におすすめセットをご紹介していきます!

撮影する場所は、
太陽が高い位置にある時間(10時〜15時)
窓のすぐ横に、物撮りセットを設置してください。

レフ板

まずはこれがないと、物撮りの写真は撮れませんね!
スチレンボード(B4 厚さ3mm)大きければ大きい方が光を受けやすいです。

窓に対して、平行にレフ板を配置してください。
窓からの光が、レフ板に反射して、商品の側面に当てることができます。

楽天市場 716円 ( https://is.gd/a2IuxO )

背景紙

おすすめとしては「ケント紙」A1サイズです!

一般のコピー用紙が、A4サイズです。
A4サイズでは背景紙として小さすぎるので、
紙サイズの中で1番大きい、A1サイズがおすすめです。

折り目がつかないよう保管し、汚れると目立つので、こまめに取り替えて使ってください。
※ ホームセンターなどの店頭でお求めください。

背景ボード

ケントボード(A2 厚さ3mm)がおすすめです。
ただ、高さのある商品を撮影する際は上部がはみ出ないサイズを購入してください。

※ホームセンターなどの店頭でお求めください。

ブックエンド 

レフ板、背景ボードをテーブルに垂直に立てます。
その際、ブックエンドとクリップを使って、固定します。

楽天市場 110円 ( https://is.gd/LOy0pY )

クリップ

レフ板、背景ボードをテーブルに垂直に立てます。
その際、ブックエンドとクリップを使って、固定します。

楽天市場 308円 ※100個入り( https://is.gd/LOy0pY )

わたしはこんな物撮りセットを使って、
ネットショップに必要な商品写真や、
インスタグラムに投稿する写真を物撮りしています!

実際に、この物撮りセットで撮影した
生徒様の写真をご紹介します。

窓に対して、平行にレフ板を配置すると、
窓からの光が、レフ板に反射して、
商品の側面に当てることができます。

このように、右側から光が差し込み、
左側の輪郭も正確に写し出されます。

影も薄く伸びていて、
ドラマチックな物撮りに仕上がりました。

こんな物撮りが、ご紹介した物撮りセットを
用意するだけでできます!

まず最初に用意する物撮りセットは、これで大丈夫です!
ぜひ実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です