レフ板を使うとこんなに違うの?自作撮影キットでの明るさ効果検証!

ハンドメイド起業コンサルタントの山口実加です。

みなさん、
「レフ板」をご存知でしょうか?

レフ板の主な役割を調べると…

逆行などのシーンで
明暗差を減らすこと…

と難しく解説されますが、
要するに

「商品の暗い部分を
光で明るく照らすための板」

と考えてください!

写真の明るさによっても
商品が売れる売れないの
明暗が分かれます!!

レフ板だけに。笑

先日も自然光を使った
物撮りをおすすめしていますが
実際レフ板1つで
どれだけ明るさが変わるか
ご紹介いたします。

自作物撮り撮影キットの設置場所

窓のすぐ横に、物撮りキットを
設置してください。

時間は、太陽が高い位置にある
時間(10時〜15時)です。

15時より遅い時間では、
写真が暗くなってしまうので
注意してください。

自作撮影キットの作り方は
こちらの記事をご覧ください。

レフ板の設置場所

窓に向けて設置します。

レフ板の効果

▼レフ板なし
※iPhoneで撮影

▼レフ板あり
※iPhoneで撮影

この違い、どうですか〜?

レフ板があるだけで
器の右側面の影が明るく
なりましたね。

窓からの光が
レフ板に反射して
器の右側面を
照らしています。

本当に簡単なので
ぜひ実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です