【第6話】ラシエスタホリデーショップ本格始動!

おはようございます、
ハンドメイド起業コンサルタントの 
山口実加です。

第5話では、百貨店での手応えと
開業資金が追い風になり
その勢いのまま開業届を提出しました!

第6話では初の展示会出店を機に
さらに追い風が吹き荒れます!!

それでは第6話お楽しみください!

 

ラシエスタホリデーショップ本格始動!


待ちに待った開業!


事業者名の提出が求められ、ブランド名と同じ
「La siesta Holiday Shop
(ラシエスタホリデーショップ)」
という名前にしました。





美術制作を挫折した際に、

今度何かを作る時は、
人を喜ばすことができるものにしょう

と心に決めていました。


作ることを仕事にするなら、今度こそ
欲しいと思ってもらわなければならない。





例えば、美術の世界でも
美しい風景画はみんなに愛されています。


風景画なら、どのご家庭にも
1枚くらいありませんか?


見ているだけで
心が癒される風景画は、
多くの人に求められています。


だから、わたしのブランドは、
みんなから欲しいと思ってもらえるよう
風景をテーマにしました。


海から連想した
アクセサリーを作っています。



(旅行で訪れたスペインのリゾート地イビサ島)


ビーチでサンベッドに横になり、
日焼けを楽しむ陽気なラテンの国の人にあやかり、
スペイン語で「昼寝」という言葉
「ラシエスタ」を採用しました。


美術制作を挫折した頃、
大好きな創作活動さえ楽しめなくなりました。


もうあんな気持ちにならないよう、
気楽に肩の力を抜いて、
これからは陽気に
クリエイティブ活動ができる
という願いを込めて。






2017年1月起業して
初の展示会出店。

その準備に忙しく、2016年の年末、
会社員を辞めることにします。


よし!
いよいよ、自由に好きなものだけ
作れる仕事を手にした!
と、希望に満ちていました。



(2017年1月 第5回ガールズジュエリー東京出店)


早速、起業したからには
販路を開拓しなくてはいけない。





物怖じすることなく手当たり次第、
商品を取り扱ってくれそうな会社に
営業していきました。





怖いもの知らずの
営業の勢いにおされ
すぐに数件アポイントメントを
取ることができました。


すると、あっという間に、
起業して3ヶ月後には、
イベント出店先が
15件決まりました。


販売先も決まり、順調な起業スタートだと
当時のわたしは信じて
疑う余地もありませんでした。


この15件の販売先が、
会社員を辞めて時間ができたはずなのに
またしても眠れない



地獄のループのはじまりでした…。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です