【第9話】地獄を見た、壮絶すぎる起業1年目

おはようございます、
ハンドメイド起業コンサルタントの 
山口実加です。

第8話では、
当社を代表する商品が登場し
復調の兆しが見えはじめましたが…

時すでに遅し

このままでは倒産するのも
時間の問題…。

そこでわたしは
とある制度を利用しました。

これがわたしを
一気にネットショップにシフトさせた
きっかけでした。

それでは第9話ご覧ください!
 

地獄を見た、壮絶すぎる起業1年目


ご縁があるままに引き受け、
商業施設との委託販売をしてきました。


しかし、起業してから数ヶ月…
健闘虚しく、先方の設定する
売上目標が達成できなかったため、

次回開催の予定はなし。


8月の終わりには、
今後の予定は
真っ白になってしまいました。


このままではまずい。


取引先がない。
売上がない。


ハンドメイド起業の難しさが
骨身にしみました。


資金も底をつき、
途方に暮れていたわたしは、


藁にもすがる思いで
商工会議所を頼ることにしました。


…商工会議所とは、
中小企業の支援だけではなく、
国際的な活動を含めた幅広い事業を
行っている公的団体。



商工会議所の担当者に、現在状況を報告し、
「エキスパート診断」を
申し込むことにしました。


診断当日になり、
中小企業診断士の先生が
当社にやってきました。


もう頼れるのは、この人だけ!


事前に書いたチェックシートを見ながら
現在状況の説明をしました。





話していくうちに、
どうしてこの事業を成功させたいのか、
また熱意があふれ出ました。


中小企業診断士の先生は、
何もわからないわたしに


 ・資金繰り表の作り方
 ・業種別経営指標


など、基本的な会計管理を
丁寧に教えてもらいました。


早期に解決すべく課題を
診断報告書としてまとめていただきました。


 (1)商品の差別化戦略
 (2)原価管理を行い、価格の適正化
 (3)人材の育成
 (4)運営管理
 (5)財務管理


これらを解決するように進めていくしかない。
メモを取る手が止まりませんでした。





そして、診断いただいているうちに
わたしの強みを
教えてきただきました。


起業してから、
商業施設での実店舗販売ばかりを
繰り返してきました。


しかし、前職のWEBデザイナーの
スキルと経験を活かし、


認知度を上げていくため
SNSで販売促進活動をする。






経費のかからない
ネットショップにシフトする。






当社のような小さな会社が、
経費のかかる
実店舗販売は向かなかったのです。



目が覚める思いでした。



物販で収益を上げるなら、
経費を最小限に抑えられる
 

ネットショップに
事業をシフトする。



早速、その夜から
商品の経費計算をしました。




次の仕事の予定はなし。
悲しいくらいに時間がある。





1つ1つ会社の経営を
健全化するよう動き出しました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です